UR賃貸住宅に入居するまで

インターネットで希望するUR賃貸住宅の物件が見つかった場合は、ユーザー登録を済ませてからインターネットで申し込むことができます。

しかし、これはあくまでも一定期間における仮申し込みとなりますので、有効期限内にUR営業センター等の募集窓口に必要書類を提出し本申し込みをする必要があります。

有効期限までに本申し込みの手続きが行われなかった場合は、仮申し込みが無効となってしまいますので注意しましょう。

仮申し込み中の物件を下見することもできますが、予約制となっているようなのでUR営業センターに問い合わせてみるといいでしょう。

また、下見は一回のみのようですから、しっかりとメモをとることをお勧めします。

本申し込みが済んだら、次に契約へと進みます。

契約には、敷金(家賃3か月分)、入居月の日割りの家賃、印鑑、契約者本人が確認できる書類(運転免許証)が必要となります。

契約書への記入が済んだら契約成立です。

UR賃貸住宅への入居開始可能日は、UR都市機構によって指定され、指定日以降に団地管理サービス事務所で入居者に鍵が渡されます。

入居は、原則として入居開始可能日から1ヶ月以内となっています。

目安は通常2週間ですが、急ぎの場合は10日間でも入居可能だそうです。

関連オススメ記事→http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20120905/Wooris_4456.html

Comments are closed.