UR賃貸住宅の便利な制度

UR賃貸住宅は、借りる人達の様々な状況を考慮した多くの制度を設けています。

これらの制度によって一人暮らしをするか迷っている学生から、会社員、高齢者の方まで多くの人達がさらにUR賃貸住宅が借りやすくなったと感じています。

2つの代表的な制度は、「ハウスシェア制度」と「セカンドハウス利用制度」です。詳しくはコチラ⇒http://nanapi.jp/100059/

今までは、同居をする人は親族のみとなっていたのですが、この「ハウスシェア制度」が新設されたことで、親族以外の人と共同で部屋の賃貸が可能となりました。

特に大学入学で始めて実家を離れることになり、一人暮らしをするのは少し不安と感じていたり、金銭面で難しい状況にある大学生にとって友達や先輩と部屋をシェアすることができれば、気持ち的にもお金的にも非常に安心できますね。

また、親族と同居するよりも、気の合う友達と楽しく暮らしたいという高齢者の方々にとっても好評なようです。

都心と郊外を平日と週末/長期休暇で住み分けることを可能にするのは、「セカンドハウス利用制度」です。

これは、生活の本拠(自宅)以外の住宅としてUR賃貸住宅を借りることができる制度です。

特に自宅から職場まで遠く、深夜帰宅もしょっちゅうであるという人達や、また逆に自宅は都内にあるけれども、週末や長期休暇は緑の多い郊外や海のそばでのんびりと過ごしたい人達にとって見逃せない制度です。

Comments are closed.