UR賃貸住宅のメリット

民間の賃貸住宅と比較した場合、UR賃貸住宅には4つの大きなメリットがあります。

それは、「礼金」、「手数料」、「更新料」、「保証人」この4つが不要なことです。

引越しには、なにかとお金がかかってしまいます。

ですから、引越しと共に発生する「礼金」と「仲介手数料」が不要なことは、借りる側にとって非常に大きなメリットとなるでしょう。

UR賃貸住宅を借りる場合、必要なのは家賃3ヶ月分の敷金のみとなります。

仲介手数料が不要な理由として挙げられるのは、民間の物件と異なりUR賃貸物件の場合、不動産を通しての物件探しではなくUR営業センター、UR賃貸ショップ、またはそれぞれのウェブサイトを通しで物件を見つけるからです。

更新料においても、自動更新の形をとっているため更新手続き自体が不要となっており、料金は発生しません。

4つ目の不要なことは、「保証人」です。

保証人をお願いするのは、気が引けてしまうという人は多いのではないでしょうか。

UR賃貸住宅を借りる際は、申し込み時に本人を確認することができる書類、住民票の写しや所得証明書をを提出することで、保証人は不要となります。

このようにメリットが多いUR賃貸住宅は入居希望者も耐えません。

希望する住宅が見つかったら早速申込み手続きを行ったほうがよさそうです。

Comments are closed.