オリジナルのぼりのデザイン。知っておきたいコツとポイント!

のぼりをおしゃれに仕上げるには、①基調色を絞り込むこと、②書体を明朝とゴシックに絞り、多くの書体を使わないことです。

オリジナルのぼりのデザイン料は、既製品より高くつく?

オリジナルデザインのぼりは、デザイン料を含めると1本当たり5,000~6,000円。

既製のぼりにくらべ費用は割高になります。

どちらを選ぶか、オリジナルにはどんな方法があるのかを含め、良く検討して決めましょう。

◎デザイン料(データ作成料)は3,000円~4,000円。

ザックリした話になりますが、オリジナルのぼりのデザイン料はのぼり店によって設定がマチマチです。

はっきり「デザイン料」という見積もり項目があるショップは少ないです。

たとえば、『オリジナルデザインのぼり1枚~9枚1,400円で、それとは別に、データ作成料(入稿料)』として3,000円~4,000をメニューとしているショップもあります。

◎オリジナルデザインのぼりを依頼する3つの方法。

オリジナルデザインののぼりには、3つの依頼方法があります。

1つは完全入稿データといって利用者が自分で入稿データを完璧に整えて、そのまま印刷に回してもらうケースです。

この場合、データが完全でショップ側の手をわずらわすことがなければ、デザイン料はかかりません。

エクセルやワード、また手描きのサムネイルなどは、データを作る必要があるので上記のようなデータ作成料(デザイン料)がかかります。

◎完全入稿データを完璧に作るには、のぼり店が指定するデータ作成用ソフトを使いこなす必要があります。

のぼり店では入稿用の専用ソフトを用意しており、完全入稿データを希望する場合は、のぼり店が指定するイラストレーターやフォトショップを用いて作成します。

また送信する際にも指定の圧縮ソフトを使います。

一連の作業を行なっても、のぼり店のほうで修正作業が必要になった場合は、修正料が別途必要になります。


Categorised as: オリジナルののぼりをデザイン

Comments are disabled on this post


Comments are closed.